起動オプション

CardWirthPyはコマンドラインオプションをつけて起動することができます。

一般的なコマンドラインの書式をご存じであれば、任意の宿やスキンで起動するショートカットを作成するようなことが行えます。

-h または --help
起動オプションの解説を出力して終了します。
-debug
デバッグモードで起動します。
-yado <YADO>
起動と同時に<YADO>のパスにある拠点を読み込みます。
-party <PARTY>
起動と同時に<PARTY>のパスにあるパーティを読み込みます。
-yadoと同時に指定しなかった場合は無視されます。
-scenario <SCENARIO>
起動と同時に<SCENARIO>のパスにあるシナリオを開始します。
-yado及び-partyと同時に指定しなかった場合は無視されます。
-skin <SKIN>
<SKIN>のパスにあるスキンで起動します。
起動と同時に拠点が開かれる場合は拠点のスキンが優先されます。
--force-skin <SKIN>
<SKIN>のパスにあるスキンで起動します。
拠点のスキンや、-skinよりも優先されます。